ゆうき農園

もっと三次が好きになる!トレッタみよしの農家・農産物紹介

ゆうき農園 上川和志さん

体に優しいスタイルを目指して珍しい国産無農薬のチシャトウで加工品に挑戦

 

 

栄養豊富な野菜「チシャトウ」を食べてもらいたい

チシャトウは成長すると1.5キロにもなります

チシャトウは成長すると1.5キロにもなります

ゆうき農園では「あんまり知られていない、でもみんなに知ってほしい野菜」として「チシャトウ」という野菜に可能性を見出しています。

原産は中国で「茎を食べるレタス」として中国では高級で縁起がよいものとされ、肝機能の改善に効果があるといわれています。しかし日本ではあまり馴染みがありません。そんなチシャトウを広めようと平成23年より栽培をはじめてきました。ゆうき農園は大津建設での一つの事業であり、「農業をやるなら珍しいものをやりたい」と、上川和志さんが農場責任者として畑の管理を行っています。

 

 

 

 

食べ方はさまざま。加工品にも挑戦

ラーメンはうましお味と豚骨醤油味の2種類です

ラーメンはうましお味と豚骨醤油味の2種類です

畑は三次市作木町にある標高400mの小高い位置にあるため、気温差が大きく、緩やかな斜面で水はけがよく、チシャトウが農薬に頼らず栽培できるのが強みです。

クセが少なく葉はサラダに、茎も炒めものなどにして食べることができます。

「とにかく広めていきたい」と、まず手がけた加工品は葉と茎をパウダーにして餃子やラーメンに練り込んだ商品を開発。色合いと歯ごたえを両立させるのに苦労をしましたが、健康志向の食品として注目を浴びています。

 

 

 珍しい国産・無農薬だから

三次市内で乾燥山くらげを販売しているのはゆうき農園のみです

三次市内で乾燥山くらげを販売しているのはゆうき農園のみです

さらに新しくはじめたのは茎を細く切り乾燥させた「山クラゲ」。茎は乾燥させるとコリコリして甘さが増します。主に漬物が主流ですが冬のおせち料理など煮ものにも重宝し、国産で農薬に頼らない栽培ということが珍しいうえ栄養満点のため、今後多くの人へ届けたいと奮闘中です。

 

 

 

 

 

日中よく働き、規則正しいリズムで生きる

畑を案内する上川和志さん

畑を案内する上川和志さん

上川さんは土木と農業の仕事を兼任しています。「土木仕事は作ったら終わり。でも農業は自然のギャンブル。天候にも左右されるし売るのが大変です」と、日焼けした顔で語ります。しかし、農業に携わる前のサービス業では不規則な生活を経験し、当たり前の生活がしたいとの想いから、この事業に携わりました。農業を始めたことで気持ちが前向きになり、意欲十分にチャレンジを続けています。

 

 

ゆうき農園 上川和志さん

●連絡先

 三次市作木町大津398-1 TEL(FAX) 0824-55-2190

●商品情報

 ・山クラゲ 30g/450円(税込)

  クラゲのようなこりこりとした歯ごたえが特徴。漬物や煮物にしてどうぞ。

 ・チシャトウラーメン(うましお味・豚骨醤油味) 2人前/496円(税込)

  独自のチシャトウパウダーを練りこんだラーメン。

【農業ライターの一言】

大好きなレタスの仲間、チシャトウのことを知れて嬉しいです。健康野菜として積極的に食べていきたいですね。

ページ上部へ戻る